訪問看護ステーション:定期刊行物(2023年2月号)


訪問看護ステーションの利用者様および関係事業所様向け定期刊行物です。
一般の方にも伝わりやすいよう、またご高齢の方でも見やすいように完結にイラストを交えてわかりやすさ重視で作成しています。


企業イメージカラー

グリーン系統

制作期間

2023年1月 (1日間)

制作意図

ご高齢の方や心臓疾患のある方は、寒暖差の影響を受けやすい身体状況にあります。
一方で、体温調節機能の低下や発汗機能の低下によりヒートショックの影響を受けやすく、心機能へのダメージも大きいことで知られています。
また口渇感覚の低下などにより、冬でも暖房機器使用による脱水で救急搬送される方も少なくありません。
冬の乾燥により皮膚のバリア機能がさらに低下することや、寒さによる活動低下の影響で褥瘡リスクも非常に高い時期といえます。
上記のことを利用者様やご家族に知っていただき、注意して生活していただきたいという思いを持って制作いたしました。

制作体制

アートディレクター/デザイナー:1名(担当)

使用ツール

Adobe Illustrator


クライアント様情報

一般社団法人ユニバーサルケアが運営する「ユニケア訪問看護リハビリステーション」は江戸川区を中心に訪問看護を展開しており、葛西・船堀に事業所を構えています。

訪問看護事業の他にも「障害者グループホーム ユニティ」を、また葛西事業所では地域の子どもに愛される「駄菓子屋」も運営しており、利用者様とご家族や関係事業所を対象とした「家族会」、地域のボランティア活動、駄菓子屋主催の季節のイベント、他事業所と協同する地域講演など幅広い活動に専念しており、地域に寄り添った訪問看護ステーションを目指しております。